平均料金などで選びたい歯科治療について|悩ましいこと

女性の口元

治療の特性

矯正装置の種類と特性

不正咬合を改善するためには、歯に装置を装着して正常な位置まで矯正することが必要となります。これを矯正装置、または矯正器具といいます。 矯正学や矯正歯科治療における矯正装置は今や無くてはならないものとされています。矯正装置にはさまざまな種類があり、各種特性や長所・短所が異なるため、患者の症状や生活スタイルに合わせた装置を選ぶことが肝心となります。 従来の矯正装置は基本的にワイヤーの力を借りているものが一般的とされていました。これをマルチブラケット法と呼び、ブラケットの材質や装着場所を変えることによりさまざまな矯正装置があります。 また、ワイヤーレスタイプの矯正器具といえばインビザラインがあげられます。こちらは透明で薄いマウスピースであり、装着しても違和感が無いです。適合する症状は少ないですが、審美性にも優れているため人気のある治療法です。

インプラント矯正とは

矯正歯科治療には、インプラントを埋め込んで矯正する「インプラント矯正」という治療法があります。ただし、矯正歯科治療の中でも専門性が高く、インプラントを埋め込む手術が必要な場合が多いため通常の歯科医院では見かけない可能性も十分考えられます。 インプラント矯正は顎の骨に埋め込んだインプラントとワイヤーの引っ張り合う力によって歯列を矯正する装置となります。最大の特長はその治療期間の短さであり、効率よく歯を矯正することが可能となっています。 また、矯正歯科治療における抜歯のリスクが低く、歯を抜かずして治療できる幅自体が広がります。通常の矯正装置と比べると大がかりに感じられますが、手っ取り早く完治したい方に向いている治療法です。